Dragonfly イメージングソリューションの最高傑作。
Andor

Dragonfly

イメージングソリューションの最高傑作。

Andor社のDragonflyはこれまでの共焦点顕微鏡の分野を刷新するような製品です。 スピードや感度、共焦点性能、そして回折限界を超える分解能などを多様に組み合わせた唯一無二のイメージングを可能にします。現在200シリーズと500シリーズをご利用いただけます。

DRAGONFLYのストーリーを見る ホワイトペーパーのダウンロード

共焦点だけではない、イメージングプラットフォーム。

Dragonflyは電動光学ズームや業界トップの低ノイズ・高忠実度イメージングを搭載した、Andor EMCCDやsCMOSテクノロジーを標準仕様で使用できます。共焦点方式での1分子や生細胞のイメージング、TIRF照明蛍光顕微鏡方式での胚や厚い組織のイメージングなど、幅広い用途でDragonflyのスピードと感度が威力を発揮します。Dragonflyは迅速なサンプル分析のために結果をリアルタイムに視覚化し、ClearView-GPU™ deconvolution が得られる情報量や解像度を最大化します。

  • 高速共焦点
  • 同時2色TIRF
  • Laser Widefieldイメージング
  • 1分子イメージング
  • 可視光-近赤外線波長へ対応
Fast Acquisition 3D Visualisation Super Resolution Self Adjusting Low Phototoxicity
 

素早い2~6次元イメージング

Dragonflyは素早く自由自在で、繊細なスキャニングに最適な多点共焦点方式を採用しています。これにより、より高精細なサンプル観察が可能になります。また、サンプルへのダメージを減らし、データの取得時間を驚くほど短くします。

共焦点方式に加えて、DragonflyはレーザーWidefieldとTIRFを導入することによって、一層素晴らしいイルミネーション操作を可能にします。これによって、ナノレベルからミリレベル、すなわち単分子から細胞、組織、オルガノイドそして胚など幅広い対象に使用できるのです。

従来の有感点走査法共焦点方式

Dragonfly共焦点イメージングシステム

レーザー波長 共焦点スピード レンズ口径 カメラ倍率 イルミネーション倍率 ピンホール口径 Ø PDF
400 - 800 nm 400 fps 22 mm 1x  |  1.5x  |  2x 1x  |  2x  |  4x  |  6x 40 µm  |  25 µm

Dragonflyは16ビットダイナミックレンジでデータ取得を行うので、1つのデータ中に弱いシグナル、強いシグナルどちらも表示することが可能です。

Dragonflyのモデル

Dragonfly 200
Dragonfly 500



Dragonflyはコンパクトで倒立顕微鏡、正立顕微鏡両方に対応可能な200シリーズが選択可能です。

200シリーズでは様々なDragonflyの特徴的な機能をご使用いただけます:最速400fpsの高速共焦点。広い視野範囲を均一に照明できるBorealis™。ClearView-GPU™ deconvolution。2カメラ。カメラズームとピンホールサイズの切り替え。

新規または追加の共焦点の導入を検討している、もしくは、新しいイメージングの世界を切り開く何かを探している人のために、 Dragonfly 200は、従来のポイントスキャン共焦点に匹敵する価格帯を提供します。

超解像

AndorのDragonfly、iXon EMCCDカメラ、Fusionソフトウェアの組み合わせにより、光学顕微鏡の回折限界を超える超解像技術への比類なきアクセスが実現します。研究範囲は1分子から生物個体まで広く対応しています。以下のすべてを1つのシステムに搭載できます。最新のカメラベースの超解像度技術であるSRRF-Stream、繰り返し計算によるClearView-GPU™デコンボリューション、そしてdSTORMとして知られているローカリゼーション法からご選択ください。それぞれが異なるユニークなナノメートルの世界を提供します。

Deconvolution
SRRF-Stream
dSTORM



Deconvolution

デコンボリューションは、良質の共焦点スタックでさえ解像できない3Dデータセットの微細部分の情報を引き出すための非常に貴重なツールです。 140nmまでのXY分解能と250nmまでのZ分解能を達成します。

ClearView-GPU™デコンボリューションは、画像中の微細構造を抽出するために不可欠なツールです。CPU使用時より最大で50倍高速で、画像取得中にも高速GPUで処理を行い、あっという間に計算後のデータを可視化し、元データと比較することができます。最高の3D解像度のためのデコンボリューションは、特にライブセルや多次元イメージングなどの高速イメージングに適用できる唯一の強力な超解像度ツールです。

Dragonflyが選ばれる理由

Email
required
First Name
required
Last Name
required
Organization
required
Country
required
Speak to Sales?
required

Dragonflyは、高性能のマルチモーダルイメージングプラットフォームです。ここでは、Dragonflyのマルチスキャン共焦点性能に焦点を当て、これを過去30年間以上に一般的に使用されているポイントスキャン共焦点と比較します

Dragonflyはイメージングにおける全ての重要な面において、ポイントスキャン共焦点を上回るか、同等の機能を持っています。生命科学の研究が加速し、より深い研究のスループットが求められるようになるにつれて、高速で高感度の高解像度共焦点画像が必要でしたらこの新しい強力なプラットフォームを検討すべきです。

Dragonflyが優れている点。

  • 生産性
  • 高速性
  • 感度
  • 対応可能波長帯
  • 定量性
  • 厚みのあるサンプルのイメージング

バクテリアからオルガノイドまで:全ての用途に使えるプラットフォーム

イメージングに共焦点方式、広角方式、全反射照明蛍光方式が利用できます!

目的に合わせた3つの方式があることで、 お客様のニーズに合う最適な機構や方式を選択し、様々なサンプルのin vitroやin vivo生物学を探求することが可能です。 オルガノイドやz軸に沿うような深い神経構造から酵母や単分子まで全てのイメージングをおこなうには、イメージング方式や拡大機能およびイルミネーション、これらの機能を自在に選択できることが必要になります。このような自由自在な操作性によって、ダイナミックで大きなスケールのものでも、サンプルや変換スピード、寿命を保持できます。

以下からお客様のニーズに合うイルミネーション方式を選んでいただき、Dragonflyがどうやってお客様のニーズを満たすかご覧ください。

多点共焦点方式

統合し、そしてFusion-弊社の新イメージングソフトウェア-で描画をおこなうというものです。 これにより、従来の共焦点方式製品よりも10~20倍のスピードで処理が可能になります。もう画像が逐一生成されているのを待つ必要はないのです。Dragonflyは以下のような利点があります。

  • 光毒性や光退色を最小限に-生細胞やデリケートなサンプルに理想的です
  • 素早い動態に対しても、ハイスピードで高スループットなイメージングが可能
  • モンタージュスティッチングや大きいサイズのサンプルに適した広範囲な均一性

どんな実験でも光学的卓越性を発揮

Andor Dragonflyは共焦点顕微鏡システム中の光均一性、情報量、解像度や出力を可能な限り最適に組み合わせ、様々な革新的光学ソリューションを提供できるのが特徴です。

ボレアリスイルミネーション
拡大機能
出力密度



ボレアリスイルミネーション

シームレスな画像描画やより正確な直交分析にイルミネーションの均一性は重要な役割を果たしています。

ボレアリスや独自のイルミネーション描画システムがあれば、観察サンプルの描画時に、辺縁部の不均一性で悩むことはもうありません。

実験とデータ管理

 
 

Fusionソフトウェアは100人年以上の共有イメージングや開発経験の成果であり、実験計画や必要装置の選択、最適なデータ取得プロトコルの設定が簡単にできます。これによって、Dragonflyシステムの操作がシンプルになり、わずか数クリックでプロトコル作成ができ、イメージング方式をソフトウェアのフォーマットに、フルオロフォアをチャンネルに変換できます。

デコンボリューションの統合も単純で、GPUに計算をさせることにより、忠実な画像取得が可能です。そして何よりも多くの時間が節約できます!結果はデータとともに出力され、1つのソフトウェアパッケージで処理が可能です。リアルタイム3次元視覚化やモニターのチャンネル分割、MIPマッピングは、実験に最適な方法でデータを可視化する際に設定可能です。

リアルタイム描画
プロトコルマネージャ
デコンボリューション



リアルタイム描画

Fusionソフトウェアでのリアルタイム描画機能によって、実験の精度やサンプル状態をその場で確認することが可能です。

サンプルの3次元特徴について即座にフィードバックが得られることは、ノイズ信号やイルミネーション出力、サンプルの生存能、細胞や組織隣接部に関連した部分や3次元での場所を含めた実験パラメータを評価する上で重要です。描画精度や速度は、Fusionソフトウェアのコントロールパネルに簡単にアクセスできるので、実験中にすぐに調節することが可能です。

シンプルな実験ワークフロー

Central Dragonfly開発コンセプトの中心にあるのは、イメージングとデータ解析フローを最適化し、スループットを最大化することです。FusionとImarisはイメージングからデコンボリューション処理、可視化、そして分析までをシームレスに行うことができます。その結果、より高品質のデータ取得に時間をかけることができ、システム間のデータ転送時間を最小限に抑えられます。

仮説の検証速度

仮説の検証はサイエンス研究の基礎となる部分です。データ作成と評価のサイクルは、Dragonflyワークフローによって提供され、綿密な実験計画をサポートしています。様々な観察方法、広い視野、高品質のデータは、強力な統計分析とデータマイニングのためのインプットを提供します。

分析、解釈、評価、反復

Imarisは3次元・4次元顕微鏡データセットのデータ管理、視覚化、分析、セグメント化、解釈に必要な全ての機能を備えています。

複雑なデータの可視化
フィラメント追跡
細胞運命の分析および理解



 

複雑なデータの可視化

新時代のデータ解釈、プロット、表示ソリューションへようこそ。ImarisVantageは単一あるいは多変量散布図のような5次元での画像データを可視化することにより実験グループの比較や対比が可能です。 また箱ひげ図を一緒に使用することにより、Vantageは本質的に複雑でダイナミックな現象を解釈するのに役立ちます。

ImarisVantageは見えない関連性のや算出された測定値や対象物、対象グループ間の関連性についてより良い理解ができるようにトータルカスタマイズ可能なプロットを一通り作成することにより多次元で多目的な画像の精査を可能にします。

追加資料

Andorラーニングセンターではイメージングに必要なもの全てが学べる、様々な種類のチュートリアルビデオや技術資料、ウェビナーが利用できます。最近投稿されたものからいくつかご紹介しますので、以下のリンクからご覧ください。